Photo Gallery Hasegawa 別館

写真の無断使用はご遠慮ください

ショック


本日、10年ぶりにデジタル一眼レフカメラを購入しました。
今まで持っていたのはAPSサイズフォーマットのものでしたので、ファインダー像が小さく違和感がありましたし、レンズの焦点距離と画角が一致しませんでした。
念願の35ミリフルサイズフォーマットなので、フィルムカメラと同じ感覚で使えそうです。
1台だけフィルムカメラを残して下取りに出しましたが、衝撃の査定が出て唖然となりました。
下取りできたのはレンズ2本のみで、しめて2000円也、つまり、1本1000円でした。
あとはお持ち帰りとなりましたが、仕舞う場所がありません。
捨てるには忍びないし、どうしたものか悩み中・・・
思い起こせば、最初の一眼デジタルカメラを購入してから10年が経ちます。
十年一昔、フィルムカメラはすっかり過去のものになってしまったようです。
自分も含めて、今どきフィルムで写真を撮る人はほとんどいないのではないでしょうか?
そういえば、このところ10年間、フィルムを使って写真を撮ったことがありません。(フィルムは冷凍保存してありますが・・・)


向って右が新たに購入したカメラ(大きさも小さく、軽くなっています)
1606080008.jpg

  1. 2016/06/08(水) 23:01:14|
  2. カメラ遍歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

№8 フジファインピクスS3

自分の撮影スタイルに適したデジタル一眼レフとして白羽の矢を立て、購入しました。
実際に使用してみると、フィルムメーカーが作ったカメラというところが見受けられます。
一番気になる個所は、古いタイプのレンズを装着すると露出計が使えないということ。
露出計がありながら使えないというのは、カメラとしては失格である。 


docu040.jpg
  1. 2010/06/27(日) 22:48:25|
  2. カメラ遍歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

№6 ニコン90X

docu020jpg.jpg

老眼が進んでピントが合わないとの理由で妻を納得させ、購入したカメラです。(こんな理由がとおってしまうことの安易さが、経験のある方は思わずニヤリとしてしまうところです)
オートフォーカスとフィルムの自動巻き上げ機能に魅せられたのですが、実際の使用ではマニュアルでのピント合わせが多く、ワインダーによる巻き上げの便利さと、1/250秒シンクロ同調がメリットです。
ちなみに、ニコンF、マミヤ645は1/60秒でしたので、デイライトシンクロ時には制約がありましたので工夫が必要でした。
  1. 2009/11/15(日) 23:31:09|
  2. カメラ遍歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

№5 ニコンF(改)

docu027.jpg
docu018.jpg
直接焦点撮影のピントが合わない最大の原因が、フィルムの浮き上がりによるものだったことに気づき、天体写真専用カメラとして中古品を購入し改造をしました。
フィルムの浮き上がりを防ぐため、圧板に4箇所、0.5ミリの穴を開け吸引式に改造してありますが、
試作をしてから実施したのは言うまでもありません。
効果は抜群で、一回吸引すると数時間はフィルムを保持してくれ、我ながら驚きの傑作改造となりました。
なおかつ、ファインダースクリーンを天体用(C型)に交換しましたが、これは気休めにすぎませんでした。

続きを読む
  1. 2009/07/09(木) 22:00:12|
  2. カメラ遍歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

№4 マミヤM645 プリズムファインダー付き

docu017.jpg
ボディー・レンズ・シャッターという基本構造だけで構成されているシンプルなカメラ。
大きい割には画質・機動性に優れているが、やはり重く、一式持ち運ぶとなると、かなりこたえます。
ムービングコイル式電子フォーカルプレーンシャッターと呼ばれる機構のため、10万回以上シャッターが切れるそうですが、その前に電池の寿命が来てしまいます。
露出計が内蔵されていないので、単独の露出計の使用は必要不可欠です。
天体撮影時には電池を抜いてシャッターを切るとシャッターが開きっぱなしになるので、バルブ代わりになりますし、終了するには、バッテリーチェックボタンを深く押し込むとシャッターが閉じます。
電源は酸化銀電池(6V)を標準としますが、高価なので、安価なリチウム電池、4LR44でも全く問題なく作動しますが、電池の持ちは明らかに悪いです。

主な仕様
6×4.5判1眼レフカメラ
シャッター B・8秒~1/500秒
シンクロ接点 FP・X(1/60)
ファインダー 交換式(ウエストレベル・プリズム・PDプリズム・CdSプリズム)

当時の価格(昭和51年頃)
M645ボディー     69,000円
80ミリF2.8      27,000円
プリズムファインダー 20,000円
35ミリF3.5      53,500円
55ミリF2.8      38,500円
150ミリF4       32,500円
合計          240,500円也
独身貴族時代で、一月に写真に2万円ほどつぎ込んでいた、33年前の買い物としては、かなりの出費でした。
  1. 2009/07/07(火) 21:43:11|
  2. カメラ遍歴
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
Photo Gallery Hasegawa 別館へようこそ

本館は写真を主にしておりますが、ここではそれに加えて、興味のあることについても掲載しています。

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (336)
写真 (26)
花 (7)
風景 (3)
天体 (10)
カメラ遍歴 (8)
C6249をつくる (14)
草笛 (77)
美術館・博物館 (6)
天文 (1)
農業 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード