Photo Gallery Hasegawa 別館

写真の無断使用はご遠慮ください

C6120号機復活へ向けて旅立つ

アサヒコム(http://asahi.com/)で来春復活されるC6120号機のフォトギャラリーを見つけました。
分解されて運び出される写真が掲載されています。
めったにみることができない部分を見ることができる千載一遇のチャンスに、このカメラマンはSLの構造が詳細に分かる写真をどれくらい撮ったのか気になるところです。
復活には3億円の費用がかかるそうですが、走ったら絶対に写真を撮りに行くぞと決心しました。
どうやら、私は、模鉄よりも撮り鉄だということです。(でも、C6249はなにがなんでも完成させます)
C62に関して、JR東日本は3号機を復活させたいらしいが、JR北海道がウンといわないということを、どなたかのブログで読んだ気がするのですが、本当なら残念なことです。
でも、復活したら夢のような光景が見られることでしょう。(できれば平地を疾走する姿を)
  1. 2010/01/26(火) 21:52:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドーム形状書き直し

前回(1/5)に書いたドーム形状が、汽車会社製のものとしては満足できなかったため、改めて資料を漁って書き直ししてみました。


続きを読む
  1. 2010/01/20(水) 22:35:41|
  2. C6249をつくる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とにかく寒い!!

このところ連日、朝の冷え込みが厳しく、今朝はこの冬一番の冷え込みとなりました。
我が家の庭先の寒暖計はマイナス9度を示していました。
昭和30年代には2桁台が当たり前だったことを思うと、3度くらいは暖かくなっています。
そういえば、家の中で氷が張ったこともあったっけ。(昔の家はとにかく寒かった)
こう寒いと何もする気になりません。
せいぜい49号機専用の部品図でも書くことにします。
  1. 2010/01/17(日) 23:07:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドームの形状

汽車会社製のC62のドーム形状は他の2社と異なるため、D社の「C62を作る」87号の図を参考に、鉄道写真集から38号機の寸法を拾って作図してみました。
こんな感じです。
1/11 追記しました。


続きを読む
  1. 2010/01/05(火) 23:21:46|
  2. C6249をつくる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
Photo Gallery Hasegawa 別館へようこそ

本館は写真を主にしておりますが、ここではそれに加えて、興味のあることについても掲載しています。

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (343)
写真 (26)
花 (7)
風景 (3)
天体 (10)
カメラ遍歴 (8)
C6249をつくる (14)
草笛 (78)
美術館・博物館 (6)
天文 (1)
農業 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード