Photo Gallery Hasegawa 別館

写真の無断使用はご遠慮ください

調子笛

草笛の音合わせに調子笛を購入してきました。
邦楽用調子笛と書いてありましたが、店の方に確認してもらい、A-A音(220Hz-440Hz)のものを選びました。
楽器と違い、決まった音がありませんから、どの音からも始められる反面、曲によっては高音部で音が詰まることがありました。
これで何とか自分の音域に合わせた音から始められます。

                 2012_022601.jpg
2012_022602.jpg2012_022603.jpg
音の正確さ(振動数)は後ほど録音して比較してみることにします。

比較の結果です。
A(ラ)220.2Hzに対し215.3Hz
B(シ)246.9    247.6
C(ド)261.6    258.4
D(レ)293.6    290.7
E(ミ)329.6    333.8
F(ファ)349.2   355.3
G(ソ)391.9    398.4
A(ラ)440.0    441.4
数値では違いはあるものの、私の耳では何の違和感もなく、違いは判りませんでした。
ちなみに、ギター調弦用の音叉は440.0Hzに対して441.4でした。
  1. 2012/02/26(日) 16:01:48|
  2. 草笛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭にきたこと

2月3日に今年最高に冷え込んだことは記しましたが、その夜風呂を沸かそうとしたら混合栓が凍結して壊れていました。
また、混合栓までの水道管も凍結しており、翌日リフォームしてもらった会社(TV番組でCMを流している一流の会社です)に電話し、状態を確認してもらいました。
2012021801.jpg
矢印部分まで凍り、溶かすのに半日暖房を入れました。


リフォーム前まではユニットバス初期の物でしたが、一度もなかったのでその点も含めクレームとしました。
ユニットバスの会社(一流の会社です)から栓の交換にきましたが、17000円の費用がかかると言われ、クレームなので支払いはできないと、お引き取りいただきました。
その後、再び交換に来るという電話があり、前回と同じ内容だったので断りました。
リフォーム工事を請け負った業者も来て、見てくれましたが、ユニットバス工事は専門の業者(代理店など)がやるのでどうして凍結するのか分からないとのことでした。また、室内で水道管が凍ったのは初めて聞いたとも。
親戚の建築関係者に相談したところ、夜にも関わらず来てくれ、断熱が不充分なのではないかと言われました。
2週間たっても何の連絡がないので、業を煮やして、昨日部品を外してみましたら配管がむき出しのままでした。
2012021802.jpg
これでは室内とはいっても氷点下二桁の日が続けば、凍結するのは確実です。実際に浴室に干したタオルが凍ることからもわかります。
DIYの店で混合栓等必要なものを買って、自分で交換、断熱工事をしました。
写真を撮り忘れましたが、金属管には保温チューブをかぶせ、混合栓の後ろには発砲スチロールを砕いたものを詰めました。
これでかなり効果があるはずですので、来シーズンを待ちます。
2012021803.jpg
作業終了。


昨年も凍結しており、交換して16000円也の出費をしましたが、その時は、換気のために窓を開けておいたので、それが原因だと言われました。
しかし、今回のことで原因は断熱不足もあるということがわかりました。
さらに外にも断熱不足と思われる個所があります。
2012021804.jpg
矢印部分に凍結防止帯が巻いてあるのですが、見てわかるように保温チューブの上から巻いてあり、しかも、ピッチが荒すぎて効果のほどは疑問です。
なぜなら、昨年の凍結時には風呂を沸かそうとしても操作不能でしたので、どこかで凍ったのは間違いありません。(今年は風呂を沸かすことは可能でした)



室内で凍ることはありえないというだけで、このことがメーカー側に伝わらなければ、対策が取られないまま同じ問題が発生し、ユーザーが泣きを見る結果となります。
一部だけで全体を判断することは避けなければなりませんが、今回の出来事で、両会社共に同じような対応の仕方でした。
かなりの確率でユーザークレームを無視している可能性が高いです。
それは誠意がほとんどないことからもわかります。
もう二度とこれらの会社関連の商品には関わりたくありません。というか買いません。
  1. 2012/02/19(日) 23:03:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信州草笛会からの便り

信州草笛会事務局のT様から、信州草笛会便り82号が届きました。
中には『祖道さんを偲ぶつどい』の案内も載っております。
昨年は東日本大震災の影響で自粛をしましたが、今年は参加者が増えることでしょう。
全国から集まる、草笛奏者の演奏を聴けるのを楽しみに待ちます。
  1. 2012/02/12(日) 10:31:48|
  2. 草笛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草笛ギャラリーは移動しました

容量の関係で草笛ギャラリーは下記のアドレスに移設しました。


草笛ギャラリー http://kusabue-gallery.blog.so-net.ne.jp/
  1. 2012/02/11(土) 10:35:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原田泰治の世界展 in 上田 2012

今朝の新聞を見たら、原田泰治展が開催れているという記事を見つけ、行ってきました。
会場には数十人の見学者がいました。
私とは違い、みなさん熱心に顔を近づけて見ていました。
何度見ても、原田泰治の描く世界は不思議です。
建物は頭でっかちで歪んでいるし、物のスケールも合っていないし、遠くの人物が大きかったりと、ひとつひとつを見るとめちゃめちゃですが、少し離れて全体を見渡すと遠近感もあり、何の違和感もありません。
不思議です。
なぜでしょうか?
家にはある程度そろっているので、切手シートを1枚買って帰りました。


2012020502.jpg
  1. 2012/02/05(日) 22:27:39|
  2. 美術館・博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
Photo Gallery Hasegawa 別館へようこそ

本館は写真を主にしておりますが、ここではそれに加えて、興味のあることについても掲載しています。

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (328)
写真 (26)
花 (7)
風景 (3)
天体 (10)
カメラ遍歴 (8)
C6249をつくる (14)
草笛 (76)
美術館・博物館 (6)
天文 (1)
農業 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード